クレジットカード 支払い方法

【クレジットカードの支払い方法はこんなものがある!】

クレジットカードの利用方法に関して1回払いしか利用したことがない方が多いのでクレジットカードの支払方法について詳しくご紹介していこうと思います!

今回ご紹介する支払方法を知っていただくと今までよりかなり便利にお買い物ができるようになります!簡単な方法なのでぜひ理解して使ってみてください。

【支払方法の種類】

・1回払い

90%以上の方がこの方法を利用しているのではないでしょうか?1回払いとはクレジットカードを利用した翌月または翌々月に1回で支払うという方法です。
ほとんどの方がこの支払方法にしているのでなじみがあるのではないでしょうか?
メリットとしては金利手数料がなく、現金を支払わずに買い物ができるというところです。

・2回払い

あまり知られていませんがクレジットカードの2回払いは金利手数料がかかりません。
手元にあまりお金はないけれど、2回払いなら来月に収入もあるので何とか支払えるというときに有効な手段です。
分割には変わりありませんが金利がつかないという魅力があります。

・分割払い

3回から24回に分けて支払う方法を分割払いと言います。
一般的には3回、6回、10回、12回、24回という支払方法があります。
高額なものを買うときに月に少しずつの支払であれば支払えるといった場合に非常に便利なシステムです。
しかし、この支払方法は金利手数料がかかります。
購入する商品の値段や何回払いかによって金利手数料が変わってきますが高ければ高いほど、回数が多ければ多いほど金利手数料が増えていくという仕組みです。
一時的にカード会社からお金を借りているという捉え方なので金利手数料は仕方ありません。
そう思って利用してください。

・リボ払い

リボ払いは毎月5000円と設定すれば1万円の商品を買っても3万円の商品を買っても毎月支払う金額は5000円です。リボ払いは危険というイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?

実際はリボ払いは上手く使うと非常に便利なシステムなのです。リボ払いの危険な点は返済金額を少額にしてしまいがちなので、いつになっても金利だけを支払って元金を支払えていないという事態になりかねないのです。
今はお金がないけれど数か月後になれば一定の収入が入るといった方が利用する分には構いませんが今もお金がないけれど、来月、再来月にはもっとお金がないという人は利用しないほうが良いでしょう。
一時的な幸福は得られるかもしれませんがすぐに支払日になってしまい困ってしまいます。

・ボーナス払い

夏のボーナス、冬のボーナスで支払うといったように一括で支払う方法です。
この支払方法は金利手数料がかからないので利用者にとってはとてもうれしいシステムだと思います。
お店側は支払いの受け取りが先延ばしになるためお店によってはクレジットカードは取り扱っているけれど、ボーナス払いは承っていないというお店がありますので利用する前は確認してから利用しましょう。

・フレックス払い
あまり聞き覚えがない方も多いのではないでしょうか?この支払方法はお金があるときに支払えるといった方法です。月に最低支払金額が設定されていて、それにプラスして繰り上げ返済ができるというシステムです。
リボ払いに繰り上げ返済機能が付いた物だと思ってください。
格段変わった支払方法ではありません。
もちろんこの支払方法にも金利手数料が付きますので早く支払うことをおすすめします。

【2回払いやボーナス払いを利用しよう】

クレジットカードが危ないと言われている理由が金利手数料がかかるからなのです。
しかし1回、2回、ボーナス払いには金利手数料がありません。
この支払方法を活用すると上手く買い物ができて余計なお金を支払わなくて済みます。

実際、できる人はこの方法を上手く利用しています。
家具や家電などといった大きな買い物をするときにボーナス払いはかなり便利です。
引越しを考えている人や一人暮らしを考えている人はぜひ上手にこういった支払方法を利用してください!

~まとめ~

いかがでしたでしょうか!
クレジットカードの支払方法について詳しくご紹介しました。
クレジットカードは非常に便利なカードです。
現金を持ち歩かなくても買い物ができるし支払いは翌月で時間が空いたときにすれば大丈夫なのでとっても便利です。
しかし、便利な反面危険も潜んでいます。
自分が使った金額がいくらかわからなくなってしまい、翌月にとんでもない請求がやってきたりもします。
そういった支払に泣いた経験もあるのではないでしょうか。
最近では使った金額がスマホアプリなどでも確認できるので随時確認して使える金額がいくらなのかを把握しておきましょう。
そうすれば、分割払いで買った支払いもきっちり支払うことができます。

分割払いやその他の支払い方法は支払いを後回しにしているだけで、必ず支払わなければいけない物です。
計画性をもって商品の購入を検討してください。