年会費無料のクレジットカードの選び方

年会費無料のクレジットカードって数えきれないくらい沢山あります。いったいどのクレジットカードを選べばいいのか悩みますよね。どれでも良いわけではありません。自分にぴったりのクレジットカードを選ぶためにチェックするべきポイントをご紹介します。
 
 
チェック1:年会費は初年度無料or永年無料?
 
クレジットカードには初年度無料で、2年目以降は有料の場合があります。1年間に50万円以上使用すれば2年目以降も無料など条件付きのものも多くあります。条件を満たすほどクレジットカードを使用するのか、2年目以降有料でもそのクレジットカードを選ぶ価値があるのかどうかをよく検討しましょう。もし、完全に無料のクレジットカードを希望するなら、「永年無料」と記載のあるものにするのが良いと思います。

チェック2:ETCカードも必要?
 
 自家用車をお持ちですか?高速道路には1年間に何度乗りますか?クレジットカードを申し込むと多くの場合でETCカードも同時に作成することができます。ETCカードも年会費無料もの、有料のもの、条件付きで無料ものがあります。有料の場合でも年500円程度ですが、使わなくても持っているだけで費用が掛かることになります。ETCカードが生活に必要かどうかを検討し、もし低頻度にしか使用しないならばETCカードが無料もクレジットカード会社を選ぶことも選択肢の1つです。

チェック3:ポイント還元率がやはり大切!
 
 クレジットカードを持つならばポイント還元率は必ずチェックしましょう。だいたいどのカード会社でも通常0.5%~1%程度なので目安になると思います。カード会社により、イベント期間中は還元率が2%,3%と上がることも多いので通常還元率だけでなく、還元率アップイベントが多いかどうかも大切です。そしてとっても大切なのは、貯めやすさだけでなく、貯めたポイントの使いやすさです。ポイントには有効期限が設けられていることを忘れてはいけません。1年間ごとにポイントが失効するとあまり多く貯められず商品と交換しにくくなります。ポイントがずっと貯められるかどうか、貯めたポイントが使いやすいかどうかは必ずチェックしましょう。例えば、楽天カードなら楽天ポイント、Yahoo!JAPANカードならTポイントが貯まります。自分が使いやすいのは何のポイントなのかをしっかりと考えてクレジットカードを選びましょう。

チェック4:自動車税や固定資産税などでもクレジットカードを使いますか?
 
 私がクレジットカードを作るときに全く考慮しなくてずっと後悔しているのが、税金を払えるクレジットカードにしなかったことです。もちろん手数料を払えばインターネット払いを選択しクレジットカード払いができるのですが、セブンイレブンのnanacoにチャージするときにポイントが貯まるカードをメインカードに選択しておけば手数料無料でポイントが貯められたのです。ポイントが大きく貯まるチャンスだったのに我が家は手数料を払いたくないので、毎年現金払いをしているためチャンスを逃しています。自動車税は4万円程度(我が家は2台で8万円弱、)固定資産税は13万円程度なので、合計17万円です。還元率1%とすると1700円分のポイントを毎年捨てています。持ち家の方、自動車を所有している方は税金をクレジットカードで払いポイントを貯めるのかどうかも検討すると良いと思います。

チェック5:カードデザインもとても重要
 
 今は可愛いものからカッコいいものまでクレジットカードのデザインは本当に豊富です。どんなデザインのクレジットカードを選ぶかで自分らしさを表現するツールにもなっています。一般的なデザインで妥協するか、お気に入りのキャラクターにするか、洗練されたデザインにするか。クレジットカードのデザインにもぜひこだわってください。
 
 
以上、年会費無料のクレジットカードの選ぶ方でした。クレジットカードを選ぶ際には、チェック項目をぜひ確認してください。